アストオフ会

CWYEの新年会。「CWYE関東支部新年会〜欲しい時計はスナイパー〜」

みなさん明けましておめでとうございます。CWYEです。

2017年も終わり、2018年となりました。みなさんにとって2017年はどんな年でしたでしょうか?また、2018年はどんな年にしたいですか?

そんな訳で、2018年度CWYE最初のオフ会として関東支部で新年会が行われました。

今回記事を書くのは、広報部「アスト」です。

 

今回の会場は都内某所にある居酒屋。

まず一杯目を頼んだら、乾杯してから自己紹介。お久しぶりの人もいれば初めましての人もいましたね。ちなみにですが、皆さん本名で自己紹介する人もいれば、ペンネームで自己紹介する人もいます。SNS上やグループライン上ではよく知った仲でも、初めましては怖いものです。自分の身は自分でしか守れません。本名を伏せても、グループとしては全然オッケーですよ。

お互いの顔と名前が一致したところで料理を注文……とその前に、それぞれが持ってきた時計をテーブルに並べて、恒例の記念撮影。高級時計はもちろん、機能性重視の実用時計やアンティーク。それぞれの趣味に合わせて、いろんな時計が集まりました。なにやら場違い感のある筆記具が混じっていますが、実はこれ、あの「ブレゲ」が作っている万年筆。しっかりと時計関連アイテムですよ。

 

場が温まってきたら、料理を注文。みんなで食事を囲みながら時計談義です。

お久しぶりの方々はもちろん、最初はカタかった初めましての方も、案外すんなりと打ち解けるものです。やはり、趣味が同じというだけで、仲良くなるハードルはグッと低くなるものなのですね。思い切って高級時計を買うに至ったまでの話とか、自分の時計の趣向とか、次に欲しい時計は何かとか、最近注目してるブランド、モデルは何かとかとか。語れる仲間っていいですね。

 

お腹も膨れたら、今度は時計の見せ合いっこが始まります。

白黒マリーンIIで記念撮影したり

綺麗に並べて撮ってみたり

気になる時計を触らせてもらったり。

こちらはブライトリングの「コルトスカイレーサー」。レッドブルエアレースを始めとする競技飛行で有名な室屋義秀さんの限定モデルです。ブライトリングが開発した最新素材「ブライトライト」がケース素材に採用されており、その重量は驚異の90[g]。驚きの軽さでした。

 

今回のオフ会の主役の座をかっさらっていったのは、それぞれ自慢の高級時計ではなく、便利機能満載の最新時計でもありませんでした。

テクノスの「T9539SB」。通称「テクノスオーク」です。

各ブランド人気モデルのデザインを手頃な価格で楽しめるテクノスですが、その中でもロイ○ルオークをオマージュしたこのモデル。仕上げや質感のクオリティに関して皆さん気になっていたようで、それはもう大人気でした。今回の主役は間違いなくこの時計でしたね(笑)

手袋はめて触ると、それっぽく見える?(笑)

 

これだけ時計好きが集まると、なにやら新しいものを見つけてくる人が1人は居たりして。

これはスイスの「Snyper Watches」というブランド。まだ若いブランドのようで、公式サイトも英語のみです。

軍隊特殊部隊やローエンフォースメントからデザインをインスパイアされた時計ブランドのようで、無骨で機能的な感じがなんとも男の時計って感じですね。絶対モテない(笑)

そしてこの時計の一番の目玉機能は、ケース側面に「Snyper Lighter」というレーザーライトモジュールを装着できるというもの。

007もビックリな機能ですね。もう変態のそれです。体だけ大きくなって頭の成長は中学で止まってしまった男の子はこういうの大好きです。なんだか私も欲しくなってきたぞ?

気になる中二病紳士諸兄のために、公式動画のリンクを貼っておきますね。

 

今回も楽しいオフ会でした。

最後に円陣組んでリストショットするのも、すっかり恒例になりましたね。

CWYEでは定期的にオフ会を開催しています。次は三月かな。

 

爽やかなイケメンから上品な美人、ファッションマイスターやミリタリー系男子まで、タレント豊富な時計サークルでございます。

それでは皆さん。2018年も、CWYEをよろしくお願いします。

 

以上、オフ会レポート。広報部「アスト」でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です